2015年12月27日

クリスマス


少し早めにクリスマス。
親戚や私の家族を招いた。

チョコレートでリボンをつくってみた。
夫はメインのカレーを。
海老はいとこからの差し入れ。
中々豪華なメニューだった☻

26日には私のところにもサンタクロースがやってきた。

かわいいベレー帽が2つ。

スターウォーズ靴下も☻

良いクリスマス。

2015年12月14日

下鴨神社から京都御所

歩いてみるか。と。
下鴨神社から錦市場あたりを目指す。
1時間くらいの散歩。






京都御所へは入ったことがないので、折角ならばと。
紅葉が綺麗だった。
が、ものすごく長い道のり。

1.5キロあったらしい。
綺麗な紅葉が見れたから良しとした。
日も暮れて、ようやく錦市場。

お正月みたい。

ホテルで荷物をピックアップして、東寺のライトアップへ。
東寺前に売っている東寺もち。
とーっても美味。
新幹線まで1時間半。
ささっとしか見れなかった><







来てよかった。

さらば京都!

2015年12月13日

下鴨神社は美味しいがたくさん


下鴨神社へ。

お腹空いたので、ざっと見て。
福助へ。
懐石弁当おいしかった。



この江戸柿。甘さがすごくてびっくり。とても美味しかった。

お腹いっぱいなのに
宝泉へ。


美しすぎる庭園と、
美味しすぎるわらび餅。

お茶うけに出てきた黒豆もとても美味しくて、お土産で。
黒豆はネットでも買えるみたいで、我が家の定番おやつになりそうです。

清水寺ライトアップ

タクシーへ飛び乗り、清水寺へ。
タクシーの運転手さんに明日は土曜日だから今日までしかタクシーでなんて行けないよと言われた。
翌日ネットニュースには凄まじい人混みの清水寺の光景が。
坂の下まで並んでいたらしい。

この日は空いてた。

駅からも見えるライト。
京都タワー



清水寺を過ぎ、歩いてのんびりと。

聖徳太子がどうのって書いてあった。
誰もいない裏道を通ってみたり。
お団子食べてみたり。

八阪神社からの玉ボケ。

明日は何処へ行こうか。

2015年12月3日

再び、南禅寺-うどん権兵衛


戻ってきた。

山門は前回京都へ来た時に登ったことがある。
その時は天候が悪く、何も見えず、さらには貸切状態だった。

今回は天候も良く、紅葉シーズン。
急な階段を登ると、たくさんの人が。

山門を降りて、また水路閣を眺め、永観堂に行ってみようと。
迷子になっているところに、素敵なおじぃさんに出会う。
永観堂まで一緒に来てくれて、写真も撮ってくれた。
結婚式をしたんです。と話すと、とても嬉しそうに「なんて運がいいんだ!こんな幸せないなぁ」と言ってくれた。
永観堂は人がすごすぎて入れず。
夜のライトアップの列がすでにできていた。
空腹だし、並ぶというのはこのとき面倒で、夜また来ることにした。

夕飯は権兵衛へ。
親子丼

きつねうどん

おかわりにたまご丼

非常に美味しかったのです。
ぜひ。
京都ふ京都市東山区祇園町254
営業時間 12:00-20:30
定休日 木曜日

お腹も満たされ、永観堂へ...と色々調べると、入場規制やら、3時間並んでまだ入れない。と書いてあり満腹だし、寒いし、並びたくない。と、清水寺のライトアップへ行くことに変更。




南禅寺 水路閣-南禅院-インクライン

水路閣の想像を上回るかっこよさ。

しばらく下から眺めて気づく。
水路ってことは、水は???水はどこか。という疑問が。
「上に流れてるよ。」

階段を発見。急ぎ足で登る。
が、途中魅力的な南禅院という場所を発見。
はやる気持ちを抑え、南禅院へ。
入ると空気がスーッと。涼しい。
むしろ、寒い。周りが森だからか急に寒さを感じた。
ここにも庭園が。
気になる箱に"100円入れてください。"と書いてあるので入れる。
水の流れる音。
美しい庭園に大音量で流れる解説音声。
今日何人がこの箱に100円を入れただろうか...
恥ずかしくなって解説を無視して庭園を眺めていると、解説聞く人が集まり、すこし流行っていた。

ここの眺めも美しかった。

水路閣の上を目指していたことを思い出し、再び階段を登る。
紅葉もすこし進んでる気がする。

ザーッと水の流れる音。
すごい。
これはどこまで続くのか...
考え事しながら写真を撮っていて、足元を見ると、崖。
崖側は多分落ちるので、山側をしばらく歩く。
神々しくなっちゃった。
途中山(?)があり、中から出てきたおじさんが、"タヌキおるんやなぁ。"と言ってるのを聞いて探しに行ったり。
それにしても水路はどこまで行ってしまうのだろうと思っていると、おじさんが教えてくれた。
「あと5分くらい歩いてごらん。線路があるよ」
5分なら。と歩く。

すごい、水の音。

結局、おじさんに会ってから15分くらいで線路に。
インクラインというところで、電車ではなく、船を運んでいたよう。
水路閣の水は琵琶湖から来ていたと知る。

インクラインを下っていき、途中南禅寺の山門が見える。
...山門登りたかった。
山門を目指して再び歩く。